2020年11月22日

「勃然と東に向くソ連の野望」を読む



今日も引き続き歴史群像を読みました。
今回は
「【検証】関東軍VS極東ソ連軍 満州攻防戦1945 長年練られてきた防衛構想はいかに破綻したか」
のところの
「勃然と東に向くソ連の野望」
のところからラストまで。


いよいよソ連軍が
満州に進撃してくる話
でした。

戦車でゴリゴリいって
そのあと
工兵隊が道路つくりながら
進撃していったらしいです。


日本からしてみれば
負け戦ですからね
読んでて
あまり気持ちのいいものではありませんでした。


でも
航空部隊が少し頑張ってくれたのが
救いでしたかね。
少ないながらも
最も練度の高い
飛行第一〇四戦隊が
少しソ連軍に打撃を与えたようです。



とにかく
読み応えのある記事で
面白かった
です。

posted by ヒバルディ at 20:27| 読書